さーて、次はMAD LIVE Vol.4ですよん

もっくん夏祭り、参加してくれたバンドの全てのメンバーに感謝を込めて

【CHIRORU】
オープニングを務めてくれた地元の現役高校生バンド。
始まった瞬間のまるでコントの様な大雨にも動じず、見事にオープニングアクトを務めてくれました。



【らいむ】
申し訳ない事にこの時間帯は自分たちのステージと重なってしまったので見ていない。(後でビデオで見たよ)
演奏以前の問題なのだが、ダブルブッキング等の連絡はもっと早くくれたまえ。


【STAND BY ME+α】
昨年に引き続き2年連続出演の高校生バンド。
今年はゲストヴォーカリストのナースちゃんに、オヤジたちの目は釘付け。

来年も是非頼む!もしなんならナースちゃんだけでも!!


◎ここまでで一つ気付いたこと。

若者たちよ、特に血気溢れる若いギタリストよ




アンプのヴォリュームは控えめにね(涙)


正直、超巨大ホールライブでも無い限り「アンプで爆音=会場も爆音」になってしまい、ヴォーカルとのバランスが取れなくなる。

ギタープレイを聴かせたい気持ちは判るが、歌が聴こえなければ話にならないという事を覚えよう。
そして歌が聴こえないのは、たいていの場合PAの責任ではなく君たち自身の問題。
何事もバランスが大事だね。



【ヒロタマ】
正真正銘初ライブ!筆おろし!
歌にはハマショーの神様が降りて来た様だが、ギターには降りて来なかったらしい。
とはいえ初ライブ(単独)であれだけのパフォーマンスが出来れば上等、毎回初ライブみたいなワテクシ達より立派(涙)
来年また一つ成長して戻って来ていただきましょう。
b0147987_17444027.jpg

(本番の写真が無かったので、打ち上げの写真でお楽しみください)


【A☆cossy】
このライブが事実上ラストライブになってしまったA☆cossy(解散ではなくあくまで休止との事)
「アコでハードロック」はなかなか存在意義があると思うので、ぜひともお早い復帰を願う次第。
リードギターのtake氏、PAに「ギターが速くなったら音量上げて」とお願いしていたようだが・・・

そりゃ無理だ(笑)
b0147987_1746940.jpg

(PAに無茶ブリをして「判りました!速くなる所を教えてください!」と反撃されるtake氏)


【JerryBeanz+POWww】
昨年まで2年連続で出てくれていた2バンドが諸般の事情により合体ユニットで参加。
最初の時は高校生だった彼等、それぞれの道を歩み始めているけど1年に1回このイベントでまた音楽で通じ合うのもいいでしょ?
残念ながら君たちのステージも見れなかったけど、片付けの時3人で握手しあって「また来年もやろう!」と言っていたのが頼もしかった。

来年も是非よろしく、出来れば浴衣のおねいちゃん持参で頼む。


【工藤シロウ+世界のキグチ】
期せずして大トリを努めてもらうことになったこの即席ユニット、期待に反して(?)素晴らしいラストになったった(笑)
世界のキグチはやはりナイスなヴォーカルとのコンビがよく似合うなあ。

あ、決してキグチ氏のソロワークが悪いとか、ギャグが寒いとか、唄うときあごがしゃくれるとか言ってる訳じゃありませんよ?

シロウ君のヴォーカルはもっと注目されても良いと思う。正直ここいらへんのどの歌唄いさんよりも好きだ。

ウホッ
b0147987_17483252.jpg



【そして・・・】

いい年こいておバカさんズ・・・
MAXに高めたテンションが、機材全てを濡らしてしまう土砂降りの雨でどん底まで落ちる。
1時間かけたセッティングが一瞬で0になり、どん底まで落ちたテンションを上げきれず本番とちゅにゅう(何故か変換出来ない)。
今まで味わった事の無い脱力感に緊張感も持って行かれ、最後までテンションを上げる事が出来なかった。

途中要所要所は練習の成果が出たが、出だしが決まらない!最後が締まらない!

来年こそは「ああこれがおバカさんズだよね」というステージをお送りしたいと願う次第でございます。

また来年!!


その前にMADLIVE!
[PR]

by obakasanz | 2008-08-18 20:33 | LIVE!LIVE!LIVE!

『マッピー』用ボーダー

<< 日常の始まり もっくん終わって >>