中国東北地方滞在記しょの弐

※)多少グロテスクな画像がありますので、スプラッター系が苦手な方はご遠慮下さい。

【2日目つづき】
長春始発の寒い汽車(電車じゃなく汽車)で吉林市に到着、所要時間3時間の旅でした。

b0147987_17362729.jpg

マイナス25度の吉林市街地

写真ではまったく寒さが伝わりませんが、マイナス20度うんぬんの世界をご存知でしょうか。

1.むせる
寒さからなのか空気の悪さからなのか知りませんが、とにかくむせて咳が出ます。

2.鼻毛が凍る
鼻から息を吸い込んだ瞬間、鼻毛が「ピシッ」と凍るのが判ります。

3.体感は意外と寒くない
寒くないという表現が正しいかは判りませんが、着込んでいるせいもあってこの辺の氷点下一桁の時ほどの寒さは感じません。
しかし身体は確実に冷えていて、温かい部屋に入った後で足がなかなか暖まらなかったりを自覚します。

4.簡単に見られる樹氷
寒さ避けのマスクをしている人が多いのですが、鼻の所から立ち上がる蒸気(息)でまつ毛が凍ります。そして前髪が真っ白な樹氷になります。


嫁の従姉妹のマンションまでバスに揺られること20分、早めの夕食後近所の巨大スーパーへ買出しに行きます。
なにやら明日はスキー場へ遊びに行くらしく、「お前のその靴じゃダメだYO!」と言われているモヨリです。

靴と手袋と耳当てと帽子を買って1階食料品売り場へ移動、日本に持ち帰るインスタントラーメンやら調味料を仕入れに行きます。

ワテクシ食料品売り場(特に惣菜や生鮮食品コーナー)が大好きなので、嫁どもが果物に夢中になっている間に一人ぶらぶらちい散歩。

すると・・・





b0147987_17422913.jpg


なんか見慣れたサイズの足・・・








↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓グロ注意↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓







b0147987_174318100.jpg

ワンちゃん・・・相当に苦しかったのでしょうか。

ちょっとよろけそうになりながら嫁のところに戻り、果物やインスタントラーメンを物色。

b0147987_17455798.jpg

超巨大ドリアン、嫁の身長が180cm(ウソ)なのでその巨大さがうかがえるであろう。

b0147987_17445016.jpg

「京都ジャージャンメン」 何故京都なのかは謎である。ちなみに袋麺が5個入って6元(約90円)、これで中くらいのお値段ナリ。
中国の袋ラーメンは味の個性がハッキリしていて総じて美味しいです。でもたいていのラーメンの薬味袋には香菜(シャンツァイ・パクチー)が入っているので要注意。

-まだつづく-
[PR]

by obakasanz | 2010-01-07 17:54 | OTHERS

『マッピー』用ボーダー

<< 中国東北地方滞在記しょの参 中国東北地方滞在記その壱 >>