もつべきものは

先日、バーバーひふみで嫁の髪を切ってもらい、その足で近所のB-GALへ。
二人で3万5千円ほど勝ったのでほくほく車に乗り込んだのですが、ガソリンがすっからかん。

時間は22時ちょい過ぎ、まあどっかしらやってるスタンドあるだろうと思い、熊二朗氏に電話

ワテクシ「もしもし~」
熊二朗「(ガヤガヤ)お疲れ~」
ワ「悪いけどこの辺どっかやってるスタンド教えてケロ」

熊「あー、無いッスね」

ワ「は?」

熊「無い」

mjsk?

ワ「マジで?んじゃ能代の人は夜ガソリン入れたくなったらどうすんの?」

熊「夜は出かけません(キッパリ)」

ワ「ひー」

熊「今T'sにいるからとりあえずここまで来たら?」

ワ「お、おう、今行く」

で、T'sキッチンへ行くとマスターはじめ数名がすでに出来上がりモード。
事情を説明してあちこちのスタンドに電話するも、すべて終了しており完全にアウト~

するとマスターが「あつっちちょっと家まで乗っけてってよ」と言い出したので一路マスター家へ。
ガレージをごそごそやってたと思ったら「あーあったあった」と灯油ポンプにホースをくっつけた

ガソリン窃盗マシーン

を取り出しました。

店に戻って某COSSY氏の車からガソリンを分けてもらおうと窃盗マシーンを突っ込みますが、なかなか上手く行かない。
どうにかこうにかホースに溜まった分三回分(1リッターあるかないか、いや無いな)を入れて「とりあえず行けるべ」と終了。

ハラヘッタので無理やりタンタンメンを作ってもらって帰宅。
迷ったあげく、最短ルートという事で高速を選択し、どうにかこうにかたどり着きました。


いやー、持つべきものは酔っ払った友だちだねえ。
[PR]

by obakasanz | 2009-10-23 11:12 | OTHERS

『マッピー』用ボーダー

<< 北海道での事 ○山動物園 >>