いつだって子供は犠牲者だ

http://www.asahi.com/national/update/0313/TKY200903130290.html

カルデロン・アランさん一家の日本在留資格問題、ようやくの決着(両親=帰国 娘=残留)らしい。

ネット上ではこの一家を擁護する声の方が多いようだが、ワテクシは立場的に微妙な心境。

「どうしても日本に来たかった、そして日本にずっと居たかった。」この気持ちは判る。
そして日本で生まれ育った娘を今更フィリピンに帰した(「帰す」という表現が正しいかは判らない)ところで日常会話もままならない。という事情も判る。
しかし、こういった不法滞在が減らないが故に、正規に入国しようとする外国人の障害になっている事もこれまた事実。

大きく報道して人情に訴えようというマスコミの作戦なのかもしれないが、外国人配偶者を持つ身としてはドッチラケもいいとこである。

娘さんが可愛そうなだけに、こういった事は人知れずこっそりと進行して欲しい物だ。
[PR]

by obakasanz | 2009-03-14 08:55 | OTHERS

『マッピー』用ボーダー

<< よぉーし お知らせ及び陳謝 >>